柔軟剤 人気

日本加熱した柔軟剤人気について

日本で初めて柔軟剤が発売されたのは、1960年代です。
当時石鹸に代わる合成洗剤の普及によって、洗浄力がはるかに上がったのに対し、
洗いあがった衣類がごわごわになる問題が発生しました。そのために登場したのが柔軟剤です。

 

その頃の柔軟剤は、単に洗濯後の繊維を柔らかく仕上げるために使用されており、
静電気を防止するのにも役立っていました。

 

元々は洗濯乾燥機の使用が一般的な欧米から広まり、日本ではまだまだ歴史の浅い柔軟剤ですが、
高層マンションの増加や、花粉症などのアレルギー症状の人の増加により
室内干しが増えたことで、日本でも柔軟剤の知名度が上がってきたとされています。

香水の匂いの柔軟剤

近年発売されている柔軟剤は、衣類の柔軟性を高めるよりも、抗菌・防臭が強調され、
アロマや花の香りを付けたものがほとんどになりました。

 

香水を付けない人でも、手軽に自分の好きな香りを身に纏うことができるようになったことで、
柔軟剤の売り上げはここ2,3年でうなぎ上りに上昇しています。

 

また、海外製の強い香りの柔軟剤がブームとなって以来、消費者は柔軟剤購入において
最も重視する点が、衣類を柔らかくすることよりも、「香り」にシフトしていることがわかりました。

 

香水に代わる香りでの自己表現や、衣類から漂う香りによっていい気分になるという癒しを求めて、
複数種類の柔軟剤を保有し、気分によって使い分ける人も増えています。

 

それにより、多様な香りの柔軟剤が発売され、中には香り付けのためだけの製品も多く見られます。

 

また、香水と同じように機能する香りを柔軟剤に配合し、高い値段設定で高級感やセレブ感を
味わえる製品も発売されています。

 

本当にいい香りなのか?

それに伴って、香りで体調不良を起こしている人も急増しています。
自分の為の香りと思っていても、他人にとってはただの不快な香りになっているかもしれません。

 

規定量をきちんと守り、周囲の人のことを考えた香り付けを心がけたいものです。

 

また柔軟剤の種類が膨大であるが故に、使用感の口コミも賛否両論。
柔軟剤と併せて使用される洗濯洗剤等の組み合わせや、
使用環境によっても柔軟剤の効果は左右
されます。また柔軟剤原液の香りと、仕上がりの香りでの違いもあります。

 

高価な柔軟剤も販売されていますので、迷っている方は様々な口コミや評価を見た上で、
冷静に判断されることをおすすめします。

 

また、使い切り1パックサイズで販売されている柔軟剤もありますので、お試し感覚で利用してみて、
ベストな柔軟剤を見つけてください。

柔軟剤 人気記事一覧

ふわふわが人気の秘密

最近では、抗菌防臭効果や香り付きの柔軟剤がもてはやされて来ていますが、柔軟剤の本来の仕事は、衣類を柔らかくする事ですよね。衣類のふわふわ感を充分に引き出す事の出来ない柔軟剤は良い柔軟剤と呼べません。今回は柔軟剤を使って一層ふわふわ感を引き出すポイントと、人気の柔軟剤をご紹介します。まずは、ふわふわ感...

≫続きを読む

 

男性にも人気の柔軟剤

柔軟剤の爆発的人気は主婦層にとどまらず、今や男性の間でも人気が急増しています。主婦を始め女性の間での柔軟剤は、お気に入りの香りを身に着ける「自己表現」や、お気に入りの香りで気持ちをリラックスさせる「癒し」などの効果を求めて使用するのが多いのですが、男性の間でも香水に代わる香り付けの為に柔軟剤が人気と...

≫続きを読む